読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ 信州へ行こう

信濃の観光地を遊びながら紹介しています

長野のおすすめ温泉 情緒たっぷりのこんな温泉街へ行ってみたかったんだな 湯田中・渋温泉郷へ行こう!

横湯川・夜間瀬川・角間川沿いに9つの温泉が並ぶ湯田中渋温泉
古き良き日本の温泉街であり長野を代表する温泉地です。

f:id:MossanJP:20151223131307j:plain
12月後半から3月頃までは雪も多く降る地域なので露天風呂で雪見風呂なんて贅沢なこともできます。
お盆の時期には地元の温泉組合による納涼祭りも企画されたりと風情のある温泉街をたっぷりと楽しめるんです。
宿は流行りの各室露天ぶろ付きの宿から登録有形文化財指定の老舗宿までとにかく温泉を楽しめること間違いありません。

 

泉質:単純温泉、塩化物泉、硫黄泉など
効能:リウマチ、胃腸病、糖尿病、神経痛、皮膚病、呼吸器系疾患、冷え性、美肌など

 

湯田中駅

f:id:MossanJP:20151223131415j:plain

電車でのアクセスなら長野駅から長野電鉄に乗って終点の湯田中まで1時間20分程度です。
単線(上り下りが同じ線路を走る)のローカル線ですので景色を眺めながらゆっくり旅したいなら最適です。
長野は山と畑ばかりですが季節によっては心がウキウキする新緑の景色、色とりどりの花が咲き乱れる絨毯のような景色、稲穂の黄金色の景色、紅葉の赤々とした景色、真っ白に雪化粧した景色などなど都会では見られない絵にかいたような景色がたくさん見られますよ。
湯田中駅前には日帰り風呂「楓の湯」があり入浴料は300円!
さすが温泉町ですね、ついてそうそう温泉が楽しめます。さらに駅から歩いて10分程度で湯田中温街となります。

 

温泉街をめぐるのもまた楽しみの一つ

f:id:MossanJP:20151223131452j:plain

湯田中渋温泉郷というのは複数の温泉地の総称で、湯田中温泉新湯田中温泉、星川温泉、穂波温泉、安代温泉、角間温泉渋温泉上林温泉、地獄谷温泉となっています。
それぞれの温泉地の区切りはあまり明確ではないのでわかりにくいです。私も地元ではないので正直わかりません。
ただ、温泉街を楽しみたいなら渋温泉の温泉街が一番風情があって楽しいですよ。
浴衣で歩き回る観光客もたくさんいますし、石畳の道を旅館の下駄を借りてカランコロンと歩くのは風情がありますね。
昔懐かしい昭和のゲームセンターや温泉宿にはつきものの卓球場もあります。
卓球は始めるとついつい本気になってお風呂上りでも汗びっしょりになってたり。。。またすぐに温泉に入ればいいですかね(笑)
熱々の湯けむりの下では美味しい温泉卵も売っていますよ。

 

 

 

外湯(渋温泉

f:id:MossanJP:20151223134501j:plain

湯田中渋温泉郷で楽しみなのが外湯めぐりです。
温泉宿の内湯以外に外湯という普段地元の方々が入っている湯を宿泊客限定で使用できます。
温泉宿に宿泊した人は「外湯巡りをしたい」というと外湯のカギをもらえるので9つある外湯を巡ってを思う存分楽しめます。
渋温泉では1番湯から9番湯までの外湯があり、いずれも4、5人が入るといっぱいになってしまう広さです。外湯のカギと一緒に温泉手ぬぐいをもらえるので各外湯の前でスタンプをおして9つの外湯をコンプリートしましょう。
外湯の温度はどこも熱々で、大抵の人は熱すぎて入っていられないほどです。他の方がいる場合は湯加減の調整は控えた方がいいですが、誰もいなければ水を足して加減してください。湯船は全て床より下の掘り下式の湯船になっています。
しんしんと雪が降るような夜でも熱々の湯につかりながら外湯巡りをすれば外を歩いても全然寒くありません。むしろ湯あたりしないのでちょうどいいくらいかな。
1番湯から8番湯までは宿泊客と地元の方限定ですが、9番湯だけは日帰り入浴客にも開放されています。
9番湯へ入りたい方は温泉組合事務所などへ行けば500円で入ることができますよ。

 

アクセス

電車なら湯田中駅が温泉街のすぐ近くまで通っています。
長野電鉄では以前成田エクスプレスとして運行していた253系車両を譲り受け、名前を「スノーモンキー」とした特急列車が走っています。
そのほかにも長野電鉄では小田急ロマンスカー東急電鉄の車両が多く走っています。

f:id:MossanJP:20151223131632j:plain


  
車なら上信越自動車道信州中野インターから志賀中野有料道路を志賀高原方面へ12kmとかなり快適な道のりです。
湯田中渋温泉郷を超えたその先にはスキー、スノーボードが存分に楽しめる志賀、奥志賀となります。

 

 

 

おすすめのお宿

私ならここに泊まるというわけではありません。人生で一度は泊まってみたいと思うあこがれの宿です。

金具屋

f:id:MossanJP:20151223134339j:plain

250年の歴史がある言わずと知れたジブリ映画の「千と千尋の神隠し」のモチーフとなったお宿です。
宿の外観も素敵ですが、宿の中はとにかく奇想天外。これでもかというぐらい見る者の目を楽しませてくれます。
大広間「飛天の間」は、2003年に文化庁登録有形文化財に指定された。
一つとして同じ造りのない29の客室
圧巻はやはり夜のライトアップされたお宿の外観でしょうかね。

 

よろずや

f:id:MossanJP:20151223134355j:plain

歴史ある老舗であり、超が付く高級旅館です。
入口を入ってすぐに館内のつくりの豪華さに圧倒されます。
飾ってある調度品すべてが気品があり宿泊すると自分自身がランクアップした気分にさせてくれます。
松籟荘と桃山風呂は平成15年に国の登録有形文化財に指定されています。
お安くはないですが人生で一度は泊まってみたい宿ですね。

 

 

 

湯田中渋温泉へ行ったなら見ておきたい観光地

今や世界的に有名なスノーモンキー

f:id:MossanJP:20151223134416j:plain

スノーモンキーことこと地獄谷野猿公苑の温泉に入るさるたちは是非見ておきたいですよね。

湯田中駅から上林温泉までバスで15分程度
信州中野インターから上林温泉まで車で20分程度
上林温泉からサルの見れる野猿公苑までは徒歩で30分程度です。

shinanonokuni.hatenablog.com

 

志賀高原のスキー、スノーボード

湯田中駅からバスで志賀高原まで30分、奥志賀高原までなら60分程度で行かれます。
  

善光寺

長野へ来たなら行かない人の方が少ないのではないかという善光寺
2015年は7年に1度の御開帳もあり一層観光客が多かったようです。

長野駅から善光寺までの道のりをぶらぶら歩いてみました。 - そうだ 信州へ行こう

 

小布施町

長野駅湯田中駅のほぼ中間に位置して、長野電鉄を利用した観光ルートならほぼ決まりなのが「善光寺小布施町湯田中」のコースです。
小布施町葛飾北斎をはじめとする歴史を感じることのできる場所です。

北信観光なら小布施町は外せないかな。 そうだ 北斎を見に行こう - そうだ 信州へ行こう

またランチやスイーツも充実した食の観光地でもあります。

小布施町で秋のスイーツを食べ歩こう - そうだ 信州へ行こう

 

渋温泉旅館組合

http://www.shibuonsen.net/index.php

 

湯田中温泉観光協会

http://yudanaka-onsen.info/