読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ 信州へ行こう

信濃の観光地を遊びながら紹介しています

今回も善光寺御開帳記念大判を購入しました

善光寺

f:id:MossanJP:20150401221003j:plain

 

長野商店会連合会が善光寺御開帳を記念して金メッキを施した「ながの大判」を販売しています。
7年前の2009年にも一回り小さな「ながの小判」を作って販売してました。前回は1枚千300円で3万5千枚を販売したということです。
今回の2015年版は縦72ミリ、横45ミリの楕円形で大判を販売しています。1枚2000円で3万枚を作成したそうです。
 
私はこういう記念の小物が好きなもので2009年は2枚も購入して、2015年の大判も先日購入してきました。

 

 

 


2009年版は「遠くとも一度は詣れ善光寺 救け給うぞ弥陀の誓願」という題字でしたが、
2015年版は「身は茲に心は信濃善光寺 導き給え弥陀の浄土へ」という題字になっています。


表には「善光寺御開帳記念」と「平成二十七年」
裏には「ながの大判」が記してあります。

 

いくつも購入するにはちょっと高い金額ですが、善光寺詣でのお土産にはとてもいいと思うんですよね。
商店連合会が販売しているので善光寺門前の商店でならおおよそ購入できるでしょう。販売している商店は店先に販売用のポスターが貼ってありました。

この大判は善光寺で祈祷を受けて開運の願いが込められているそうなので持ち帰ると御利益があるそうです。